認定看護師とは

看護師のキャリアアップのひとつの道として注目されているのが、認定看護師制度です。

認定看護師は特定の看護分野での熟練した技術と知識を持った看護師を認定する制度で、特に熟練した高い看護を実践できる看護師を認定することで看護の質の向上を目指しています。
認定看護師として認められるためには、認定審査に合格する必要があります。

現在認定看護師が認められている看護分野は、救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護の21分野です。
認定看護分野については、認定看護師制度委員会が看護の現状と将来の展望に応じて審議し決定されており、今後も必要に応じて変更されていくことが考えられます。
分野が特定されるための条件としては、基本的に看護の実践経験の積み重ねだけでは得難いその分野における特定の技術を必要としている分野であること、他の分野と共通する部分はあるにせよ、その分野独特の看護知識及び技術が必要とされる分野であること、なんらかの法的支援や経済的支援がある分野であることなどが挙げられます。

認定看護師になるためには、まず看護師免許をもっていることが大前提です。
その後、看護師としての実務経験が通算5年以上あり、そのうち3年以上は認定を受けようとする分野での実務研修であることが必要です。
認定看護師教育機関で6ヶ月615時間以上の課程を修了した後、認定審査を受けることになります。
審査に合格すると認定証が交付されますが、5年ごとに看護実績と自己研鑽の実績についての書類審査などの更新手続きが必要です。

資格取得のための課程は、原則として仕事をしながら受けることはできません。
そのため、認定看護師の資格をとることは決して簡単なことではありませんが、近年こうした資格の取得に理解のある医療機関も増えています。
認定看護師の資格をとることでその分野のスペシャリストとして仕事に望むこともできますし、責任ある仕事を任されることによってよりよい待遇で働くこともできるかもしれません。

看護師のキャリアアップのひとつの方向性として、希望する分野での認定看護師資格取得をめざしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[Top]